もしものときのための脇脱毛8選
もしものときのための脇脱毛8選
ホーム > 北海道格安旅行 > 【ひと足先の春の風♪緋寒桜(ヒカンザクラ)/沖縄】

【ひと足先の春の風♪緋寒桜(ヒカンザクラ)/沖縄】

【ひと足先の春の風♪緋寒桜(ヒカンザクラ)/沖縄】

寒い日がまだまだ続いています。ぽかぽかと温かい春が待ち遠しいのは私だけでしょうか。春=桜を思い浮かべますが、沖縄では1月~2月にかけて桜のシーズンを迎えます。
本土ではまだ冬のこの季節、日本最南端のこの地にはひと足早く春が訪れるのです。沖縄の桜は本土の品種とは異なり、「緋寒桜(ヒカンザクラ)」と呼ばれます。梅や桃のような濃いピンク色がとても鮮やかで、花をうつむきがちに咲かせるのが特徴の桜です。本土の桜とは逆に、気温の低下とともに開花するので、桜前線は北から南へと南下します。なので、日本一早い桜は、本島北部で咲く事になります。この時期は桜の他にも、フラワー関連のイベントが目白押しなのでチェックしてみて下さい。青い海だけではない新たな魅力を探りに、沖縄に旅行されてみるのもとても素敵です。
緋寒桜は、別名「カンヒザクラ(寒緋桜)」とも呼ばれます。まだ寒い早春に、新しい葉よりも先に緋色または濃桃色の小花枝いっぱいに咲かせます。樹姿にまとまりのあるバラ科サクラ属の落葉小高木です。本島北部の本部半島にある、標高453mの八重岳。その山沿いに植えられた4000本もの緋寒桜が、いっせいに開花するのが1月中旬です。道路わきからせり出した枝はアーチ状となって、美しい桜のトンネルが出来上がります。裾野から山頂近くまで車で行く事が出来、ドライブスポットしても人気です。隣接する伊豆味集落では、みかん狩りが旬です。この緑とピンクのコントラストが美しい緋寒桜並木道が約4kmも続くので、是非訪れてみて下さい。
この時期に沖縄へ行かれる方は、ひと足先に春を感じて来て下さいね☆



北海道へ格安旅行なら名鉄観光へ。